給湯器の寿命と水漏れ修理を上手に利用するヒント

給湯器の水漏れトラブルはプロの修理サービスで解決

知らぬ間に水漏れが発生している~給湯器トラブル~

整備

給湯器の水漏れというトラブルが起こることもあるでしょう。原因・交換方法を知ることで対処をすることができます。

給湯器の寿命とは

使用の頻度にもよって寿命は変化しますが、大体10年から15年ほどと言われていて、これくらいの年月が経過することによって経年劣化や基盤の故障・部品の摩擦などが起こります。水漏れなどのトラブルが起こることもあるので、水漏れ修理など、トラブルに応じて適切な対応などが必要になるケースも発生することがあります。給湯器のメーカーの設計標準期間は10年と定められてはいますが、実際は10年以上使うことができるものが多くあります。

給湯器の劣化によって起こるトラブル

給湯器が故障したときには、分かりやすい症状が出るので故障のサインを理解しておくと安心です。代表的な症状としては、給湯器の水漏れやお湯の給湯温度が不安定になる、お湯を出す際に大きめの着火音がする、出てくるお湯がぬるい、給湯器から黒い煙が出てくるなどのトラブルが挙げられます。特に水漏れは症状として非常に困るものなのでしっかり水漏れ修理をしなければいけません。

水漏れ修理業者からのワンポイントアドバイス

給湯器から発生した水漏れは早急に対処する必要があります(水漏れ修理業者)

給湯器は水漏れを起こしたからと言って、すぐに壊れるというケースばかりではないんです。水漏れ箇所によっては不調でも給湯器を使うことができますが、水漏れ箇所が危ない場合だったときは非常に危険なんです。不完全燃焼を起こす可能性が高く、水漏れを起こしていると安全装置も働きません。そのため、不完全燃焼によって発生した一酸化炭素で体調を悪くし、最悪の場合死に至るケースもあるため、危険を回避するためにも使用を避けて水漏れ修理を早急に行うことが大切です。

給湯器トラブルに関するQ&A

給湯器のトラブルが発生したときに、多く寄せられる質問についてご紹介します。困ったときに参考にしてみましょう。

トラブルについて気になること

給湯器に不具合が生じた際は買い替えと修理どっちがお得ですか?
給湯器の使用年数がどれくらいなのかにもよりますが、使用年数が8年以上の場合は、修理よりも交換した方がコストパフォーマンスが良い傾向にあります。また、保証期間内であれば修理よりも交換にした方がお得です。
給湯器から大量に水漏れしていますが対処法などはありますか?
直ちに給湯器のコンセントを抜き、給湯器下にある給水バルブを閉めるようにしましょう。この給水バルブが硬くて閉めるのが難しいこともあります。この場合は水道メーターの近くにある止水栓を使用することで対処が可能です。
給湯器は自分で修理することは可能でしょうか?
修理にきてもらう場合、五千円程度かかるため自分で修理をしたい方も居るかもしれませんが、給湯器内部の構造は複雑です。修理法を間違えば大きな事故にもつながるので自分での修理は避けて業者に任せましょう。

いつ起こるか分からない給湯器のトラブルは、正しい対処法を把握しておくことで素早く対処することができるようになります。  

TOPボタン
給湯器の水漏れレスキュー【水漏れ修理が必要になる箇所と対処法】